ガス会社を選ぶ際のポイントは?

電気に続きガスの自由化で、消費者側が積極的に自分のライフスタイルに合ったガス会社を選べるようになりました。しかしガス会社を変更する際に気を付けたいポイントが2つあります。

一つ目は価格の安さだけでガス会社選びをしないことです。ガス会社の料金設定は、ガス会社それぞれが決められるものです。それ故最初だけ安くて、しばらく経過してから価格を値上げしてくる会社があったり、それに気づいてガス会社を変えようとすると違約金を取ろうとする会社があったりと、価格だけで決めてしまってトラブルに巻き込まれるケーズもあります。

そうならないためにも、契約する前にガス料金に関してや違約金の有無等しっかり契約の詳細まで確認してください。

二つ目に新しいガス会社を切り替える際に、工事期間までにブランクができます。その間以前契約していたガス会社が顧客の引き戻しを目的に、上手く話し丸め込み新しいガス会社との契約をキャンセルさせようと動くことが多々あります。しかしこういった場合もその誘いには乗らないでください。

こういった誘いに乗ることで、新しいガス会社に迷惑をかけるだけでなく、両ガス会社の板挟みでトラブルに巻き込まれることもあります。このようなケースに巻き込まれないためにも、ガス会社切り替えの際には慎重に、しっかりと下調べをする必要があるのです。

プロパンガスは都市ガスより高い

今年の4月から都市ガスの自由化が始まりましたが、ガスの自由化については電気の自由化ほど選択肢はないように感じられるものです。ガスの供給というと従来は主にプロパンガス、もしくは都市ガスと大まかに2つしか選択肢がない状態でした。

今回自由化された都市ガスについてはプロパンガスよりも値段が安い傾向にあり、今プロパンガスを使用している家庭ではできるものならば変更したいというところも多いです。しかし地域によっては供給している会社が一社しかない場合や、人口の少ない地域では都市ガスが全く整備されていないために都市ガスを選択する権利さえもない場合があります。

さらにガスについてはオール電化の住宅については契約さえもしておらず、全ての住宅が使用しているわけではないので利益が見込めないと思われて電力の時ほど参入しようという意志のある会社も少ないのです。なのでガスの自由化については、電力自由化の時ほど話題にはなっていない状態なのです。

ガス自由化の現在は?

2017年4月よりガス自由化が始まりました。例えば関西では関西電力によるCMが流れているだけで、あまり盛り上がりにかけています。auでも昨年の電力自由化の際は、auでんきキャンペーンでかなり盛り上がっていましたが、今回のauガスはほとんど力を入れているようには思えません。

それもそのはず、auは関西電力と組んで関西地方でのみ販売代理店として販売を手伝っているだけだからです。しかも申込みはWEBではできずauショップでのみ、さらに支払いはauウォレットのクレジットカードでのみと大変不便です。

次にガス自由化が進まない理由は、ガス会社を乗り越えてもほとんどメリットがないからです。例えば総務省の家計調査によると、2人以上世帯の電気代は約1万円で、ガス代は約5500円と半分程度です。電力会社を乗り越えてもほとんどメリットがなかったのに、さらにパイの少ないガス代では割引メリットがますます少ないことが原因だと考えられています。

また最近はオール電化の世帯も増えており、そもそもガス会社と契約していない世帯が約1割にも上るのです。